読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・リーズ大学体験記

イギリスのリーズ大学での留学生活を紹介します!

これまでの留学生活、よかったこと悪かったこと。

こんにちは!

 

今回は、これまでの生活をざっと振り返ってみたいと思います。

よかったこと、悪かったこと両方書くのでよかったら参考にしてください。

 

 

 

4〜6月

留学スタート!

 

⭐︎語学コース

リーズ大学の語学コースでいう、term3 という時期です。

わたしは9月から学部で授業を受講するため、アカデミックコースでした。

他には語学そのものを伸ばすことを目的としたジェネラルコースも開講されています。

 

初日はパーキンソンビルディングに集合するのですが、その時初めて自分のコースを知るという低落...。

 

IELTSの条件は一応満たしてはいたものの、一ヶ月の詰め込みでの勉強であり、語学力には不安があったためアカデミックでいいのかな、と不安が募りました。

 

ちなみに、初日にはテストがあるので合格通知をもらった後も勉強は続けていた方がいいと思います。形式はIELTSと同じです。ちなみにわたしは撃沈しました。

 

アカデミックコースは、詳しくはまた後日書きますが基本的には「大学の勉強についていくこと」を目的としたコースです。

 

このタームはアラビア圏の留学生が多いせいか、リーディングが多い印象でした。

 

⭐︎寮

わたしはdevonshire hall(デヴォンシャーホール)という寮にしました。

ここでの生活にはとても複雑な思いがあります。

 

わたしがこの寮にしたのは見た目と食事付きであるという2点が大きいです。

 

見た目!

 

友達の寮にもいろいろと遊びに行きましたが、正直に言って、見た目はデヴォンシャーが一番です。

 

https://www.instagram.com/p/BLCJ1rXDOee/

 

↑9月、フレッシャーズウィーク中のデヴォンシャー。

https://www.instagram.com/p/BFcK1f-sGte/

↑わたしの部屋のある建物。

 

そもそもわたしがイギリスを選んだのは、児童文学の中のような世界を体験したかったから。わたしのような思いのある人には、自信を持っておすすめできます。

 

そして、部屋もとっても広いです!

引越しを手伝ってくれた友達は、「今まで見た中で一番広い」といっていました。

 

 

ただ、友達はできにくいです。本当に。

 

夏の間寮を移ってみてわかりましたが、友達は「フラット」があった方が断然できやすい。

 

大学の寮は基本的に同じ階の数部屋と「フラット」という単位で区切られ、その数部屋でキッチンを共有します。

 

食事つきにしてしまったからというのもあるのですが、わたしの寮ではキッチンで集ったりというのはありません。

 

となると、食堂でしか話す機会もないのですが何十人もがいる中で誰かに声をかけるのはなかなか勇気がいります。それに、前に話した子と次に会うのは何週間もあと、ということにもなってしまうんです。

 

でもフラットのある寮なら、毎日とはいかなくても数日に一度はフラットメイトと顔をあわせるはず。圧倒的に難易度が下がります。

 

あと、ほぼほぼネイティブしかいないというのもネック。

イギリス人と話したい!と思っていたわたしですが、イギリス人1女の集団プラスわたし、という状況には耐えられなかったりしました。

 

みんな話すのが早い、若者言葉の多用、そしてとにかくハイテンション・・・。

日本でもおとなしめ女子なわたしには全員ゴシップガールかセックスアンドザシティの登場人物に見えました。

 

 

6〜9月

term4 スタート!

春にたくさんいたアラビックたちはいなくなり、代わりにたくさん来たのが中国人です。

 

というより、日本人半分、中国人半分、そしてちょっとだけヨーロッパ圏から、という感じ。(ジェネラルでは韓国人が多かったみたいです)

 

最初は中国人になんとなく偏見を抱いていたのですが、このターム中にわたしは本当に中国人が大好きになりました。

 

 

前タームではアラビックがほとんどだったのですが、まず言葉がなかなか通じない。

彼らはリーディングライティングが苦手な代わりにスピーキングは本当に上手で聞き取れないし聞き取ってもらえない。そしていい意味でも悪い意味でも媚びは売りません。

 

わたしはなるべくクラスメイトと仲良くなりたいと思っていたためよく隣にいる子には話しかけていたのですが、持ち物を「それ、かわいいね!」と褒めたところ、「自分はかわいいという言葉は嫌いだ」と言われ、愕然としたことがあります。

 

なにからなにまで異文化でおもしろいアラビックたち。

 

でも、中国人のなにが好きって、とてもフレンドリーなんです。

 

日本人が中国人をよく思っていないように、彼らもまたこちらを嫌っているのかなと思いながら向かった初日、だまっていても隣の子が話しかけてきてくれて驚きました。

 

ねえねえこれって日本語でなんていうの?とか、

 

日本の学校のシステムについて教えて!

 

なんて言われて、戸惑いながらも本当に嬉しかった思い出です。

 

f:id:leedsuni:20161023073058j:plain

 

 

 

 

↑初日、中国人の女の子たちに中国語を教えてもらったり、漫画の話をしたときのメモ。

 

 

また、彼らの筆箱の中に無印良品のカラーペンや消しゴムを見つけて驚いた思い出があります。

 

日本のサブカルチャーや製品を好きでいてくれる国の子達です、とても仲良くなれ、「英語を話すこと」が楽しい、と思うことができるようになった期間でした。

 

⭐︎寮

 

夏の間の寮はHenry Price でした。

ここはわたしにとってとても思い出深い寮です。

f:id:leedsuni:20161023073754j:plain

 

 

はじめてフラットメイトを持ったのですが、日本人3人、台湾人1人、中国人1人、ナイジェリア人1人。

 

それもコースメイトが2人も!

 

わたしは一人でいることを好むタイプだったし、その二人ともともと仲良しだったというわけではなかったので最初はどうしよう、と思っていました。

 

でも、蓋を開けてみればこの期間、本当に楽しかった!

 

f:id:leedsuni:20161023074218j:plain

 

日本人のコースメイトとは毎日毎日ご飯を一緒に作ったり、宿題をしたり、語ったり、遊んだりしていました。青春再放送というかんじです。

 

本当はもっと勉強したほうがよかったんだろうな、とわかってはいるものの、この期間には正直一片も悔いはありません。

 

これは語学コースの日本人比率にも言えることですが、たしかに英語力向上について考えた時、日本人がいないほうがいいと思うんです。

 

でも、高校の時のように毎日顔を合わす友達なんてもう一生作れない。

 

わたしは友達は少ない人間ですが、この留学中に「いつ顔をあわせても嬉しい気持ちになる友達」を5、6人は確実に作れました。これはわたしにとって大きな意義のあることでした。

 

 

 

また、キッチンに居座っていると他のフラットメイトもやってきてお話が始まります。

ナイジェリアの子のジェンダー観、台湾の子がしてくれた、台湾の歴史の話・・・。

とても興味深かったです。もちろん、洋服の話や韓国ドラマの話など、普通のガールズトーク(?)も出ます。これは前の寮とはまったく違う体験でした。フラットメイトに恵まれた、ほんとうに楽しい寮でした。

 

 

キッチンが大きく、部屋は狭目とはいえこざっぱりとして棚やライトなど設備のよい寮です。おすすめ!

 

⭐︎課外活動

 

このターム中はグローバルカフェやブッククラブといった、留学生向けの課外活動に参加していました!

 

おそらく前ターム中もあったはずなので、参加すればよかった。

 

グローバルカフェは、英語でおしゃべりしたい人が集うイベントで、毎週月曜日に開催されています。

 

ここで英語を話す機会が得られるし、友達もできます。

 

 

このターム中に気がついたことですが、友達を作るのなら断然留学生のほうが楽です。

なので、留学生の参加するイベントや留学生の多い寮のほうがイージーモードではあると思います。

 

 

 

 

 

⭐︎結局、語学コースはどうだったのか?

 

わたし個人としては、英語力が足りていなかったためジェネラルのほうに参加したほうが伸びたかな、と思いました。

 

文法や発音などはアカデミックでは教えてもらえないため、わたしと同じJYAプログラムで参加する人は各自勉強してから臨むのがよいと思います。

 

ただ、毎日毎日ペアワークで話すので、英語を話すこと・自分の意見を主張することへの度胸は確実に着くと思います。

 

毎週異なるトピックの文章を扱ってくれる点に関しては、自分の興味関心分野を広げてくれるのでよかったと思います。実際、わたしは日本では文学系と教育系の授業しかとっていなかったのですが、こちらにきてビジネススクールの授業を2つとることにしました。

 

また、term4は3年間学部に通う中国人にあわせてか(彼らの多くは高校卒業後すぐにこちらにきています)ノートテイキングなど、大学で学ぶということはどういうことかをきっちり教えられましたが、わたしはすでに日本で3年間大学に通っていますし、ノートをとるのは得意なほうなので内容自体にはそんなには意義を感じませんでした。

 

ただし、term4ではそこまで課題が重くなかったので空き時間に自分の勉強をし、それを実践する場として授業を使うのがいいと思います。

 

 

 

 

 

10月〜

学部授業開始!

 

 

そして今に至ります。

授業内容についてはまた書きますね!

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ特定できる情報を書いてしまったので知り合いが検索したらうっかり見つけられてしまいそうだわ。もし見つけてしまったら教えてね。