イギリス・リーズ大学体験記

イギリスのリーズ大学での留学生活を紹介します!

リーズ大学を選んだワケ

こんにちは!

 

今日はそもそも何故リーズ大学を選んだか、について書きたいと思います。

 

 

イギリスにしたのは英文学、特に児童文学への憧れからです。

メリーポピンズ、パディントン、ピーターパン、ハリーポッター、ハウル、バーティミアス、秘密の花園。これらを何度読み直したことか。

 

そしてわたしのオールタイムベスト、ナルニア国物語!

 

幼い頃からイギリスの児童文学に親しんで育ってきたわたしにとって「イギリスで暮らす」ということは一つの大きな夢でした。

 

イギリスに留学すればこれらの物語の世界が肌で感じられるかな、と思ったのです。

 

 

なのでわたしは国選びは即決でした。

 

 

 

次に学校選びです。

 

 

わたしはもともとは語学学校に行こうと思っていたのですが、

Facebookで留学している友達の挙げていた大学への留学の様子を見て

正直羨ましいなあと思いました。

 

語学学校だと、やはり交流できるのは同じ留学生という立場の人ばかりになってしまいまうでしょう。けれど大学への留学ならばイギリス人との交流が可能です。

 

それに学べる環境がやはり違います。

わたしはミーハーな人間なので、イギリスの大学の校舎や図書館、寮で学ぶことができたらどれほど楽しいだろうと思いました。些細なこととはいえ、やはりテンションが違ってくると思いました。

 

f:id:leedsuni:20161023062449j:plain

 

↑夕方のparkinson building。

 語学コースに通っていた間はほとんどここを使っていました。

 

 

それからいろいろ調べてみると、語学学校の学費と余り差がないこともあり、せっかくなら!と大学への留学に決めました。

 

 

 

 

 

数ある中で何故リーズ大学にしたのかというと、2つ理由があります。

 

まず1つめは、「日本人を暖かく迎えてくれそう」だから。

 

www.leeds.jp

 

上記のリンクからわかるように、日本語のサイトがあるんです。

 

ということは、日本人を取りたいと思ってくれているということだと判断しました。

 

また、リーズ大学には East Asian Stadies という学部の中に日本語専攻があります。

 

日本に興味のある学生が多い、イコール友達を作りやすいのではないか?と考えました。

 

 

 

2つめは簡単、自分の取りたい授業があったからです。

 

今期取っている授業についてはまたご紹介しますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは!